歯周内科療法(ぺリオセーバー)

歯科における2大疾患といえば「虫歯」と「歯周病」があげられます。

これは、現代の歯科医療において、感染症であると結論がでています。

 

ではなぜ感染症なのに治らないのでしょうか?

 

感染症といえば、一番わかりやすのが、「風邪」です。

風邪をひいて病院に行き、その症状にあった薬を処方してもらい飲めばほとんどの場合は

治ってしまいます。それは「風邪が」ウイルスによって引き起こされる急性の疾患だからです。急性の病気は症状は激しく出ますが治りやすいのです。それに対して、歯周病はほとんどの場合が慢性疾患です。慢性疾患とは長い時間をかけて少しずつ悪くなっていく病気です。

 

 歯周病は、従来の治療方法ですと、歯磨き指導・歯石除去というのが基本的な治療になります。もちろん、この治療をすればある程度の症状は軽減されますが、重度な歯周病の方はなかなか歯茎の炎症や腫れがひかず、最悪な場合は歯を失ったり、歯槽骨が消失したりという状態になってしまいます。また、いったん症状が良くなった場合でも、暫くすると再発することもあります。それは原因である歯周病菌には全く手をつけていないから完全には治らないのです。

 

当医院では、慢性疾患である歯周病を早く改善する方法として歯周内科療法をお勧めしています。

 

歯周内科療法とは薬を用いることによって菌を直接たたき、歯周疾患を改善する方法です。それには4つのポイントがあります。

 

歯周内科療法とは?

4つのポイント

1・位相差顕微鏡での菌の確認

2・細菌の除去薬剤の内服

3・カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き

4・除菌後の歯石除去

 

位相差顕微鏡でおこなう検査とは?

検査の方法は簡単です。お口の中の汚れを少し採取して、それを顕微鏡で観察します。

当医院で使用している顕微鏡はオリンパスのぺリオマイクロ40というもので、

その画像をぺリオセーバーというシステムで管理しています。

これは国際歯周内科研究会の生田図南先生が開発したシステムで、歯周病治療に適した

高性能な顕微鏡です。

 

1.位相差顕微鏡での菌の確認

お口の中の細菌を直接見ていただきますが、細菌の中でもT.D菌は特に形に特徴がある菌です。正確に菌の種類を特定するには厳密な検査が必要ですが、お口の中に通常酸素のないところ(お口の中では深い歯周ポケットの中など)にしか存在しない菌がたくさん見つかることはあまり良い事ではありません。 まずはお口の中の状態を把握していただくことが大切なのです。

 

また、かなり歯周病が進んだ方の場合、歯肉アメーバや口腔トリコモナスなどの

原虫が見られる場合もあります。

 

 
歯肉アメーバ
 
カンジタ

 

顕微鏡で確認した画像はコンピューターで保存し、定期的に歯周病菌が増えていないかをチェックすることが重要だと思われます。

 

2.細菌除去剤の内服

たくさんある抗生物質の中でも歯周病菌に対して効果のあるものは限られています。

現時点では、マクロライド系の「ジスロマック」が一番良いのではないかと考えています。

まず、大切なことは短期間で効果があるということです。あまり、長期間、抗生物質を服用すると耐性を持った菌ばかりが生き残る(菌交代現象)可能性もあり注意しなければなりません。

 

ジスロマックは3日間の服用だけで済み、安全性も確立された薬です。

 

ではなぜ、ジスロマックが効くのかというと、ファゴサイトデリバリーという特徴があります。この薬は体内に入ると、白血球中に取り込まれて、血中濃度の200倍に濃縮された状態になります。その白血球が感染病巣へ集まってきて菌を食べれると白血球が壊れ、取り込まれた薬が放出される仕組みです。だから、他の薬よりも歯周病に効くのです。

 

3.カビの除去剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き

これはファンギゾンという抗真菌剤(カビのこと)を使っていただきます。

先にも述べたジスロマックだけでは、完全に歯周病が治らないケースがあります。

位相差顕微鏡で観察してみると歯周病の患者様のお口の中には健康な方よりも大量のカンジタアルビカンス(カビの一種)が観察されます。

 

ただ、歯周病学会では、歯周病菌とカンジタアルビカンスの関係を明確にしていないところもあり、見解が統一されていないのが現状です。でも、明らかにジスロマックだけでは効果が半減することは事実です。このお薬は約1週間直接歯ブラシに付けて使っていただきます。

 

4.除菌後の歯石除去

ジスロマックとファンギゾンでほとんどの方は歯肉の状態が見違えるように改善されます。

ただ、そのままの状態で除石などの通常の歯周病の治療をしないと元の状態に戻ってしまうこともあります。

 

内科療法は歯周病治療を早く改善する手助けにはなりますが、薬だけで全てが解決するわけではないことに十分注意をしていただきたいのです。

 

また、一度よくなった方でも、既婚者の中には再び感染するケースもあり、もし内科療法をされる場合は夫婦や家族単位で治療することをお勧めします。

 

その後重要なことは、たとえお口の中が快適な状態になっても、再感染に注意しなければなりません。

 

定期健診は必ず受診してください。常にクリーニングを行ない良い状態を保ち続けることが重要です。

 

患者様の声

 

M・M様 女性

治療前は、歯茎が赤くはれ歯をみがくと出血しました。

口の中がいつもネバネバ状態でした。

治療後は、歯茎のはれもとれて出血はなくなりました。

口の中もさっぱり歯茎もピンク色になりました。

 

K.F様 男性

私は、以前より歯並びが悪いという事もあり、歯磨き時は、フロスを併用しながら磨いていました。が、フロスを使用するたびある部分の歯肉から出血、そしてフロスには異臭がしました。恥ずかしい話、ヨダレにさえ、血が混じる時もありました。そして、「歯周内科療法」を始め、まず1日目で、歯肉からの出血がなくなり、そして朝起きた瞬間、いつものネバネバ感がなく、口臭もあまり気になりませんでした。ヨダレの出血もなくなりフロスを使用した時の出血と異臭もなくなりました。

あまりにも、口の中がさっぱりし歯肉がひきしまる感じになったので逆にこれから、今の状態をどこまで維持できるかが心配なくらいです。

これからも定期健診を受けクリーニングをしてもらいながら年齢にあった健康な歯の状態を維持できるように、先生方と共に歩んでいきたいです。 

 

H.O様(59歳) 女性

(術前) 歯磨きの時、歯茎からの出血起床時の口の中のネバネバ感歯茎の色が赤ぽっかった。ちょっとプョとしている感じ。

(術後) 歯磨きの時の出血がなくなった。(歯ブラシの当て方によって出血する時もあるが、以前の出血とは全然ちがいます。

 

唾液を麺棒で取り、それをパソコンの画面でみたときの驚き。口の中にこんなにたくさんの細菌がいるなんて、それが歯周病にも影響しているとは今まで 思ってもいなかったことなので正直ビックリすると同時に治療によって口の中がきれいになるのなら、是非受けたいと思いました。1週間後、再びパソコンの 画面で見たら、細菌の数が減っていたので、これを維持しなければとの思いを強くしました。(それでなくても治療していない歯の数が少ないのに)定期的 なケアも怠らず、健康な口でいたいと思っています。

 

M.M様(43歳) 男性

 

無料メール相談

※診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、神奈川県・東京都近隣の方以外はご遠慮下さい

無料メール相談フォーム
お名前: ※必須
性別: 女性  男性
年齢:
メールアドレス: ※必須
電話番号:  
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
構わない

▲このページのトップへ

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


診療日・時間

野上歯科 アクセスマップ

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。